理由
2

ヒトテクノロジー両輪安全・安心追求

スタッフの対応力と
それを支える
充実の人材育成制度

お客さまの生活に寄り添いサポートするためには、スタッフこそが原動力となります。ただ、スタッフに任せるばかりでは全員が温かいサービスを提供することはできません。

無理をしない、させない働く環境づくりに注力しているのはもちろん、豊富な研修やキャリアアップ制度を設け、「どのようにサービスをご提供すべきか」、「どのような企業を目指して経営しているか」などをスタッフで共有し、介護の専門職として、自らが「考えて行動できる」プロフェッショナルなスキルを磨き続けています。

研修制度

研修制度のフロー図

スキル認定制度

スキル認定制度のフロー図

現場を支えるスタッフたち

介護職

お客さまが安心して生活できるように、日々の暮らしをサポートします。

看護師

お客さまの健康管理や服薬管理、医療的ケアなどを行います。

介護リーダー

お客さまのニーズを汲み取り、スタッフと共にサービスの向上に取り組んでいます。

生活相談員

お客さま、ご家族さま、施設をつなぐ役割として、様々な調整や支援に努めます。

安心の見守り支援システム

JSEEQ-Careの利用シーン

スタッフの適切なサポート

システムと人が連携することで、万全のサポート体制を実現します。お客さまの安心・安全を見守り続けます。

ケアステーション

管理モニターにより、各居室の状況を一括把握し、いち早く異常を検知します。カメラを使わないので、お客さまのプライバシーを守ります。

検知センサー

ベッドからの離床、居室の出入り、トイレ内での長時間滞在時や、急激な室温上昇・湿度低下を早期に検知し、異常に備えます。

スマホへプッシュ通知

異常発生時、アプリのプッシュ通知でスマートフォンに知らせるので、スタッフがどこにいても24時間365日、見守りが可能です。

判らなかった異常を可視化

トイレで転倒された際など、ご自身で通知することができない状況もあります。そんな時でもセンサーがいち早く察知するので安心です。

インカムで駆けつけ指示

居室の近くにいるスタッフへ駆けつけ指示をすることで、時間をロスすることなく、迅速に対応することができます。

JSEEQ-Care(ジェイシークケア)

かんでんジョイライフでは、人だけに頼りすぎずに安全性を高める仕組みとして、JSEEQ-Care の導入を進めています。
ベッドからの転落リスクに備える「ベッド離床センサー」、夜間の徘徊などを察知する「ドア開閉センサー」などを各居室に設置。異常が起きた際には、ステーションおよび各スタッフが持つ端末へ通知が届き、スタッフがかけつけます。
お客さまのプライバシーを確保しながら、最大限安全性を確保する。ヒトだけでは確保できない安全性を、システムがサポートします。

JSEEQ-Care
(ジェイシークケア)の概要

JSEEQ-Care(ジェイシークケア)の概要

画像を拡大する

JSEEQ-Care(ジェイシークケア)の概要