先輩インタビュー

「介護職」のお仕事

お客様の一人ひとり違う個性にあわせて
支援することを大切に

ベルパージュ西宮北口

介護職 野間 愛花

経歴を教えてください。

介護の専門学校を卒業し、現在の施設に入社しました。
介護の仕事に興味を持ったのは、人の役に立つ仕事であり、ご入居者さまと信頼関係が築ける職場環境だと思ったからです

入職のきっかけは?

専門学校で就職担当の先生から勧めてもらい、就職試験を受けました。
老健や特養も就職先の候補でしたが、当社の職場見学の時に個別性を重視している様子が印象的でした。
当社はスキルアップ制度や研修制度があり、日々業務を行う中で分からない所を研修で再認識する体制が整っていることや、自分自身の知識の向上に繋げていきたいと思い入職を決意しました。

やりがいを教えてください。

私自身、介護の仕事をする上で、ご入居者さまは一人ひとり違った個性をお持ちなので、それぞれの潜在機能を十分に活かし支援していくことが大切だと思います。日常生活に寄り添いながら、できることはご自分でして頂き、難しい所はプライバシーや羞恥心に配慮して行っています。自尊心には十分気を付けて日々支援を行っています。
ご入居者さまから「ありがとうね」「助かった」とお言葉を頂けたときはとてもうれしくやりがいを感じます。

仕事内容を教えてください。

入浴、排泄、食事をはじめ、ご入居者さまの日常生活をサポートするのが私の仕事です。

最近では、レクリエーションの担当を任せて貰えるようになったのでご入居者さまと一緒に私自身も楽しみながら実施しています。

ご入居者さまが持っている残存機能を十分に発揮し、リハビリテーションも兼ねたレクリエーションを実施するために、上司や先輩と相談しながら進めています。

最初の頃は、時間の使い方が分からず、退勤時間までにやらないといけない業務が終わらず、歯がゆい思いをしましたが、今は業務で不測の事態があっても、ある程度は時間内に終わらせることができるようになってきました。

1日のスケジュール 1日のスケジュール

OJTカリキュラム

入社すると、基礎知識と技術を理解して身に付けるために、介護技術実技や認知症ケア、接遇などの研修を受けます。 
施設配属後、最初の1ヶ月はOTJ担当の先輩介護士と常に一緒に仕事をすることで、かんでんジョイライフの介護のスタイルや、ご入居者さまのことを覚えて頂きます。
その後、介護スキルや慣れ具合を見極めながら、徐々に業務をお任せしていきますが、わからないことがあればいつでも質問できますし、助けてもらえる体制になっているので、安心してください。
介護の勉強会や意見交換会も月1回、開催しています。経験の短いスタッフも経験の長いスタッフも一緒になって新しい知識を学んだり、「一緒に問題解決をしよう」という姿勢があるので、お互いに良い刺激になっています。

今後の目標は何でしょう?

入社して2年間は今目の前にあることを覚えるのに必死でしたが、今は心にゆとりが持てるようになり積極的にご入居者さまに接することができるようになりました。
分からないことや、判断に迷うことも同僚や先輩に自分から積極的に質問し、できるだけその日のうちに解決するように心がけています。
今後は、専門的な部分で知識や介護スキルを高めていきたいと思います。