先輩インタビュー

「生活相談員」のお仕事

利用者さまと、ご家族さまと、施設をつなぐのが私の仕事

ユトリーム箕面桜ヶ丘

生活相談員 小柳 花織

経歴を教えてください。

大学の社会福祉学科に在学中、実習で障がい者施設を訪れたことをきっかけに、障がい福祉の世界を目指していました。
そんな折に、祖父の看取りを経験したことで高齢者福祉にも強い関心を持つようになり、卒業後は高齢者向けの施設を運営している社会福祉法人に就職。
法人内の特別養護老人ホームや軽費老人ホームで生活相談員として約20年間勤務しました。

入職のきっかけは?

新卒で就職した社会福祉法人での仕事にやりがいを感じていましたが、様々な施設で経験を積むことでスキルの幅が広がると考え、転職を決意。
かんでんジョイライフの面接で、ご利用者さまお一人おひとりと、しっかり向き合えそうな印象を受けたことや、経営母体の安定性に魅力を感じ入職を決めました。

やりがいを教えてください。

「誰もが必ず迎える最期の時まで、いかに質の良い生活を送っていただけるか」を大切にしながらご支援する中で、ご利用者さまやご家族さまから「あなたがいてくれて良かった」と、お声掛け頂くと「携わることができて良かった」と感じます。
また、当施設はスタッフ間の関係が良く、お互いに助け合いながら、支え合いながら、日々の業務に取り組んでいます。私自身も、嬉しかったことはもちろん、やりきれないことなどを少し聞いてもらうだけで救われることが多々あります。そんなスタッフたちと一緒に働けることもやりがいの一つです。

仕事内容を教えてください。

ご入居者さまの現状が少しでも良くなるためにどうすればよいかを、ご入居者さまやご家族さまと一緒に考え「人・物・サービス」を利用して生活を支援いたします。
他の介護職と大きく違うのは、ご家族さまや行政・他機関との関わりが深いこと。
ご入居者さまのお困りごとを解決するには施設だけではなく、ご家族さまのご協力が必要な時もあります。面会に来られたご家族さまとお話したり、メールを通じてご入居者さまの日々の様子をご報告することで、ご家族さまとの信頼関係を築いています。
また、行政・他機関とは、施設運営に必要な情報共有や調整を窓口として行っています。
より良い支援には、ご利用者さま、ご家族さま、施設の信頼関係が何よりも重要です。
三者の信頼関係を築くため、ご利用者さまと、ご家族さまと、施設をつなぐのが私の仕事です。

1日のスケジュール 1日のスケジュール

OJTカリキュラム

支配人や生活相談員からマンツーマンでOJTを受けます。しかし、ご入居者さまの生活支援にマニュアルはありませんので、日々の実践を通して学んでいきます。
まずは、ご入居者さまやご家族さまのお名前とお顔を覚えること。生活相談員は、施設の全職種と業務を連携しますので、スタッフとの関わりが大切です。様々なカンファレンスや行事に参加していくことで、施設の運営や各職種の役割を知ることができると思います。
外部研修は様々な新しい情報を得るために、積極的に参加しています。
それ以外でも、定期的に社内の生活相談員会議を開催しています。他施設の生活相談員が集まり、専門性の向上を目標に、事例検討や情報共有を行っています。
不安なことや迷うことがあっても、支配人や各職種のスタッフ、他事業所の生活相談員と一緒に解決することができるのは、たくさんの施設を有するかんでんジョイライフで生活相談員として働く強みだと思います。

今後の目標は何でしょう?

ご利用者さまの生活によりそう中で、上手くいく日もあれば、「もう少し上手くできたんじゃないか」と自問自答する日もあります。そんな日を一日でも減らせるように、経験と知識を磨いていくことが今後の目標です。
これからも、ご利用者さまと、ご家族さまと、施設をつなぐ役割として、施設の全スタッフと協力しながらベストを尽くしたいと思います。