先輩インタビュー

「介護職リーダー」のお仕事

質の高い研修制度により、自分自身の成長が期待できると思い入職

ベルパージュ大阪帝塚山

介護職リーダー 平田 俊文

経歴を教えてください。

行政書士として開業し、悪徳商法の被害にあわれた方々の救済活動を行っていました。その後警備会社へ転職、警備員として駆け回り、営業職も経験しました。介護のことにももともと興味があり、介護福祉士の資格を取得したのち、自身のステップアップを図るため当社へ入職しました。

入職のきっかけは?

とても質の高い研修制度があると聞き、ここでなら自分自身の成長が期待できると思い入職しました。また、現在はベルパージュ大阪帝塚山にて従事していますが、入職当時は新規施設のオープニングスタッフとして入職し、普段では経験することのできない業務に携わることができました。

やりがいを教えてください。

ご入居者さまに「自分らしい生活」を実現していただくためには、全職員のご入居者さまへの関わり方がとても大切でありその重要性を職員へ伝え続け実践していくことが、私の仕事だと思っています。また、私や職員を頼りにしていただけたときに、やりがいを感じています。これだけ毎日直接「ありがとう」を聞ける職種はないと思い、日々そのお言葉に感謝しながら毎日仕事に取り組んでいます。

仕事内容を教えてください。

介護リーダーの仕事、大きく2つの仕事があります。まず1つ目はご入居者さまにお一人おひとりの自分らしい生活と幸せの追及をサポートしていくことです。
そのために、ご入居者さまお一人おひとりにスタッフの担当者を設定させていただき、ご入居者さまのニーズを汲み取ることに努めます。
汲み取ったニーズを集約し、計画を立て、スケジュール調整を行い、スタッフと共にサービスの向上に取り組んでいます。

2つ目は,ご入居者さまの暮らしを支えるスタッフが、安心して働ける、安全な職場環境を提供することです。
スタッフとコミュニケーションをこまめにとり、情報を収集し、業務において不具合や問題が発生した時は、即座に解決・改善に向けて行動するよう努めています。
負担の偏りがなく、無理なく業務に取り組んでいただけるようシフトコントロールにも配慮をしています。

1日のスケジュール 1日のスケジュール

OJTカリキュラム

ベルパージュ大阪帝塚山は介護フロアが3フロアあり、まずはそのうちの一つのフロアを専門的に覚えていただきます。
勤務帯は、早出、遅出、夜勤があり、最初は遅出から覚えて頂きます。
なぜなら遅出の業務内容は、主にフロア全体を見ることになるため、ご入居者さまお一人おひとりと関わることが多く、ご入居者さまのことをより深く知ることができる勤務帯だからです。
遅出業務をこなすことができれば、早出業務、夜勤業務もスムーズに行うことができるようになります。
半月ほどマンツーマンで先輩スタッフに付いて遅出業務を覚えていただき、その後は、一人で遅出業務を行って頂きます。
「一人で」と言っても、不安なることはありません。同じフロアには早出スタッフ、他の2フロアには早出、遅出スタッフもおり、わからないことはいつでも確認することができますし、応援にも来てもらえます。
もちろん私もフォローに入りますので、一人でも安心して業務を行っていただけます。
様子を見ながら、ご本人のペースに合わせ、ゆっくりと早出業務、夜勤業務を覚えて頂くので、安心して下さい。

今後の目標は何でしょう?

ご入居者さまに「ここにきてよかった」と仰っていただける生活環境を構築していきたいです。
また、職員にも、ここで働きたい、働き続けたいと思ってもらえるような職場環境づくりにも注力していきたいと考えています。自己研鑽に励み、努力を惜しまず、人間力を磨き、さらなる飛躍を目指し、多くのひとに影響を与えられる人物になれるよう、日々精進していきたいと思っています。