先輩インタビュー

これだけ毎日直接「ありがとう」を聞ける職種はない

ベルパージュ大阪帝塚山
計画作成担当者
古賀 直人



経歴を教えてください。

ヘルパー2級取得後、介護老人保健施設において介護職員として従事、その間に介護福祉士、介護支援専門員の資格を取得、その後介護支援事業所において介護支援専門員の業務について勉強しました。当初から目標であった施設ケアマネの募集がベルパージュ大阪帝塚山あったため、入職いたしました。

入職のきっかけは?

かんでんジョイライフの手厚い教育体制が入職の決め手となりました。また、ベルパージュ大阪帝塚山の支配人をはじめとした職員が、明るく楽しい人たちが多く、良い職場環境であるということを聞き、それが入職を決める後押しにもなりました。



仕事内容とやりがいを教えてください。

計画作成担当者は介護を必要とされるご入居者さまのニーズに沿った、ケアプランという書類を作成させていただく職種です。「いつまでもその人らしく」という言葉を大切に、介護職員や看護職員と力を合わせてケアを行っています。またご入居者さまのニーズにお応えでき笑顔で「ありがとう」と仰っていただけたときが「この仕事につけてよかった」とやりがいを感じます。と同時に「よし、次も頑張ろう」と思える瞬間でもあります。

今後の目標は何でしょう?

皆さまに今まで以上に信頼していただける、何でも相談しやすい計画作成担当者になれればと思っています。日々勉強を重ね、他職種と協力しながら、さらにご入居者さまとご家族さまのお役に立ちたいと思っています。