個人情報保護について

株式会社かんでんジョイライフ

当社は、お客さまをはじめとした社会の多くのみなさまからの信頼に応え、企業としての使命を果たしていくためには、個人情報の適切な保護が重要な責務であると考えております。この認識の下、当社が保有するお客さま等の個人情報については、次のとおり取り扱うことをここに宣言いたします。

1.基本原則

当社は、個人情報は個人の人格尊重の理念の下に慎重に取り扱われるべきものであることを十分認識し、個人情報の取扱いについて定めた法令等を遵守するとともに、プライバシー権等の権利にも配慮した適切な取扱いを図ります。また、取扱いを必要に応じて見直し、改善に努めてまいります。

2.個人情報の取得

当社は、個人情報の取得に当たっては、偽りその他不正の手段によらず適正に行います。

3.個人情報の利用

  1. 当社は取得した個人情報を、当社の業務を適切かつ円滑に遂行するために利用するものとし、具体的な利用目的は、別紙「個人情報保護法に基づく公表事項等について」に記載のとおりです。
  2. 当社はあらかじめご本人の同意を得ないで、前項の規定により特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を取り扱いません。
  3. ただし、前項は次に掲げる場合については適用しません。

    1. 法令に基づく場合
    2. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
    3. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
    4. 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

4.第三者への開示・提供

当社は、次のいずれかに該当する場合を除き、保有する個人データの第三者への開示・提供は一切いたしません。

  1. ご本人の同意がある場合
  2. 法令に基づく場合
  3. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
  4. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
  5. 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  6. 当社の事業運営上必要な場合において、業務委託先に開示・提供する場合
    なお、業務委託先に提供する場合は、事前に当該業務委託先と秘密保持契約を締結し、個人情報が適切に取り扱われることを確認したうえで提供いたします。

5.安全管理および最新性の確保

当社は、個人データを利用・保管するに当たり、紛失、破壊、改ざん、漏えい、情報システムへの不当なアクセス等の危険に対して、適切な安全対策を講じます。 また、利用目的の達成に必要な範囲において、当社の保有する個人情報を正確かつ最新の内容に保つよう努めます。

6.開示、提示等について

  1. 当社は、保有個人データにつき、法令の定めに基づき、ご本人からの開示・訂正等のお申し出にお応えすることとし、具体的な手続きは別紙「個人情報保護法に基づく公表事項等について」に記載のとおりです。
  2. 前項に規定する開示・訂正等のお申し出について、法令の定めに基づきお応えできない場合については、その旨を通知するとともに、その理由をご説明するよう努めます。

【備考】

  • 上記宣言における「個人情報」、「個人データ」、「保有個人データ」の各用語の定義は、個人情報保護法における定義のとおりです。
  • 当社が別途ご本人に対し、個人情報の利用目的等を個別にお示しした場合は、その利用目的等の内容が上記宣言の記載に優先します。