かんでんジョイライフ施設だより

2018年05月17日 ナービス守口平代 (守口)クラブ活動がスタートいたしました

ナービス守口平代では、5月16日、クラブ活動としてご入居者さまに“スクラッチアート”をお楽しみいただきました。


“スクラッチアート”は、真っ黒な紙の表面につけられたガイドラインを専用のペンでなぞって削ると下地の鮮やかな色が浮かび上がってくるという、最近ブームにもなっているお絵かきです。


最初は緊張して手をそーっと動かしておられた方も、徐々に慣れて専用ペンで画面を削る作業に没頭しておられました。

サロンにはペンを走らせるカリカリというリズミカルな音が響き、みなさまの真剣な表情と相まって、凛とした雰囲気に包まれておりました。


定期的にクラブ活動を開催することでみなさまの創作意欲が向上し、自信をつけていただければと思います。

過去の記事を読む